千葉 房総のおすすめツーリングルート|安房グリーンライン

安房グリーンラインを走ってみたので、どんな道だったかお伝えしたいと思います。

安房グリーンラインにひとっ走り行ってみようと思ってる人は参考にしてみてください。

安房グリーンラインは交通量が少ない快走ルート

日曜日の朝だったせいか、交通量が少なく、とても走りやすかったです。前にも後ろにもクルマはなく、すれ違ったクルマやバイクも数台でした。おそらくですが、日中でも交通量は少ないと思います。

空いてるのでスピードを出し過ぎてしまう人もいるかもしれませんが、ネズミ捕りをしてることがあるらしいのでご注意ください。

2018年3月4日(日)の様子

外房黒潮ラインと交わる丁字路です。ここを左に曲がると安房グリーンラインです。

 

安房白浜トンネルです。トンネルの長さは約1kmあります。

 

トンネルを抜けるとすぐ右側に「海底地すべり地層」という大きな岩が現れます。

200万年前に巨大な地震が起きたときに海底で地すべりが発生してできた地層で、それが過去数百年ごとに発生している大地震によって隆起が繰り返され、地上に現れたものらしいです。

 

海底地すべり地層をちょっと行ったあたりです。

 

絶景!とまではいきませんが、なかなかいい感じです。

 

梅?が咲いていて、春の訪れを感じました。

 

ヤエー!!

 

途中、民家があるのでスピードの出し過ぎには注意です。

 

県道188号線と交わる交差点です。ここまでで約10km。残り2kmほどです。

 

稲交差点手前の踏切です。

 

稲交差点です。南房総を営業基盤とするスーパーマーケット「ODOYA」が目印です。

おすすめ度

景色
(3.0)
ワインディング
(2.0)
路面状況
(5.0)
交通量
(5.0)
総合評価
(4.0)

おすすめ度の基準について

景色は、山に挟まれたところが多いので、絶景!って感じではないです。

ワインディングはほとんどないので、ワインディング好きな人には物足りないかなと思います。

路面状況は、荒れているところはなく、いい感じです。

交通量は、日曜日の朝10時くらいだったためか、少なかったです。

わざわざ走りに行くような道ではありませんが、南房総まで行ったらな走ってみることをおすすめします。

ルート情報

  • 距離:約12km
  • 起終点:外房黒潮ラインと交わる稲交差点 – 房総フラワーラインと交わる丁字路

地図を見ると、稲交差点からさらに北も安房グリーンラインとなっていますが、ツーリング向きのコースではないのでルートから外してしまってよい感じです。

ライダーのバイブル『Touring mapple』でも稲交差点から房総フラワーラインまでがおすすめルートになってます。