千葉 房総ツーリング 2018.3 前編

バイクに乗るにはまだまだ寒い季節でしたが、新しいバイクが納車になったので、居ても立っても居られずロングツーリングに行って来ました。

2018年3月3日(土)に行ったところ

2018年3月3日、土曜日。天気は快晴。気温16℃。

この季節、何を着るか迷いましたが、暑かったら脱げばいいやってことで、冬用の格好で出掛けました。

首都高

首都高からアクアラインへ。

明治百年記念展望塔

東京湾アクアラインを抜け、富津公園内にある明治百年記念展望塔へ。

写真で見たときはスゴイって思ってましたが、実物を見たら 「ただの階段だな」って感じでした。

明治百年記念展望塔を出て、途中、立ち寄ったコンビニで私たちのバイクに食いついた地元のおじさん達と立ち話をしました。立ち寄るなら東京湾観音と濃溝の滝がおすすめとのことでしたが、どちらも来た道を戻らないといけないので見合わせることに。

九十九谷公園にこれから行くと言ったら「ただの山だよ、何もねえよ」とのこと。

おじさん達は「CB400ってこんなに小さかったっけ?」「昔より小さくなったんだな。」みたいな話をしてましたが、多分小さくなってないと思います。隣のレブルのタイヤがゴツ過ぎてCB400SFが小さく見えたんだと思います。

九十九谷展望公園

そして、九十九谷展望公園へ。

おじさん達の言ってたとおり、なんもねえところでしたが景色はよかったです。

道の駅  鴨川オーシャンパーク

道の駅 鴨川オーシャンパークで昼食。いつも行き当たりばったりのツーリングなので、食いっぱぐれる事がよくあります。そんな時の頼みの綱が道の駅です。ほんと助かります。

 

海鮮丼を食べました。

一日限定10食のため、いつもだとすぐに売り切れてしまうそうなのですが、この日は鴨川ビッグひな祭りがあり、お客さんが多かったため追加生産されてたみたいで、運良く注文することができました。

道の駅  ローズマリー公園

道の駅 ローズマリー公園に寄りました。

 

ローズマリーの名にふさわしく、メルヘンな感じの建物がいくつかありました。

 

ちょっとディズニーランドみたいな雰囲気?

ライズリゾートホテル

この日の宿泊先は「ライズリゾートホテル」。

部屋はかなりコンパクト、あるいはミニマム、ぶっちゃけ狭小でした。

何よりも驚いたのは掛け布団がカバーに入っていなかったこと。カバーなし?と思ったら、掛け布団の下にシーツが敷いてありました。片側だけのシーツなんて初めて見ました。

ホテルを出発する前、すでにチェックアウトしていた他の部屋のドアが開いていたのでちょこっと覗いてみたら、ちゃんとした布団カバーがしてありました。

私たちが予約したプランが、一泊二食付き、二人で18,900円の格安プランだったからシーツが片側だけだったのでしょうか …。

あれ?掛け布団にカバーがない?

 

… と思いきや、布団の下にシーツが!

 

夕食は、食べ放題・飲み放題の90分制。エビやホタテは焼けるまで12分かかるとのことだったので、さほど食べられません。

 

とてもノスタルジックなゲームコーナーがありました。きっと、30年以上前のものだろうな。

ルート

走行距離は、約170km。お尻に優しい、ほどよい距離でした。